近畿国立病院薬剤師会
Society of Kinki National Hospital Pharmacists

施設紹介

logo mark
独立行政法人国立病院機構 兵庫あおの病院
http://www.hosp.go.jp/~aono/

【病院概要】

  • 病床数:250床(うち重心200床)
  • 標榜診療科:内科、神経内科、呼吸器内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、小児外科、リハビリテーション科、放射線科、緩和ケア科
  • 敷地面積:約28,000m2
  • 病院基本理念
    『正しい医療』 科学的根拠に基づいた正しい医療を心がける。
    『高度な医療』 高度で先進的な医療を日々研鑽して提供する。
    『やさしい医療』生命と人権の尊厳をまもり、患者にとって最もやさしい医療を提供する。

当院は、昭和13年6月に陸軍戦車第19連隊付属の疾病収容施設として創設されました。兵庫県北播磨地域南部の小野市と加西市にまたがる青野原台地に永らく『兵庫青野原病院』として重症心身障害児(者)の療育、呼吸器難病・循環器疾患をはじめとした一般診療機能の充実を図って参りましたが、施設の老朽化のため、北播磨医療圏南部の医療ゾーンの現地に移転新築し、『兵庫あおの病院』と改称しました。機能類型は国立病院機構における『重心専門医療施設』となります。移転新築に際して、地域のニーズに答えるべく重心病床数を160床から200床に増床し、短期入所はもとより、在宅支援として通所事業を実施、障害児(者)地域療育在宅巡回訪問相談支援事業等包括的重心医療を推進しています。平成30年6月にはトラベルクリニック開設に向けて準備しております。

兵庫あおの病院外観写真

【薬剤科紹介】

薬剤科スタッフは女性ばかりの薬剤師4名と少ない人数ですが、基本理念、運営方針に基づき、部門目標を掲げ、業務に取り組んでいます。

薬剤師4名の写真

1.重心医療への関わり

重症心身障害児(者)への調剤業務は、計数調剤はごくわずかで、散剤調剤、粉砕調剤が、大半を占めています。抗てんかん薬を含め、投与時間も複雑で病棟スタッフの与薬作業のリスクが軽減できるように縦割り調剤としています。オーダリング導入をきっかけに、分散調剤システムに変更して調剤業務時間の短縮に繋げています。

一般病棟に加えて重症心身障害児(者)ご家族への服薬指導実施を手がけております。重症心身障害児(者)医療におけるエビデンスはまだまだ少なく、専門医療施設として、患者さまから得られた情報からエビデンスを創出し、医薬品の適正使用に繋げていきたいと考えています。

2.医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進

医師,看護師のマンパワー不足が更なる業績向上のネックになっていることより、薬剤師の業務支援が必要不可欠となっています。全入院患者の持参薬情報を電子カルテに入力し、医師へ情報提供を行っています。主治医が持参薬の続行を判断した場合には、入力データがそのまま看護部門の経過表に反映されるシステムとなっており、医薬品の効率的利用のみならず、医師・看護師の業務負担軽減になっています。現時点では診療報酬上、非算定の障害者病棟において病棟薬剤業務を実施し、薬剤師が主体的に薬物療法により関われるように個々のスキルアップに努めております。(感染制御認定薬剤師1名、日本糖尿病療養指導士1名、漢方薬・生薬認定薬剤師1名、認定実務実習指導薬剤師3名)

3.薬薬連携

近隣の薬剤師会へは薬剤委員会の結果、採用医薬品リストなど随時、広報。また、院外処方箋の記載方法変更および疑義照会の事前合意プロトコルを作成し運用しております。

(文責:岸本 歩)