近畿国立病院薬剤師会
Society of Kinki National Hospital Pharmacists

近畿国立病院薬剤師会とは

 近畿国立病院薬剤師会は、昭和36年(1961年)より永きにわたり運営されてきました「近畿国立病院・療養所並びに国立循環器病センター薬学集談会」とさらに歴史がある「近畿国立病院薬剤部科長協議会」を統合し、平成16年1月新たな会として発足し、現在に至っております。

当会では、日常業務や政策医療、また薬剤師のあり方等を追求するため、教育研修委員会、臨床研究推進委員会、医薬品安全管理委員会、チーム医療委員会へ全会員を再編し、病院薬剤師としての資質向上及び会員相互の親睦を行って参りました。また、平成29年度より、近畿国立病院生涯教育センター(KLEC:Kinki National Hospital Lifelong Education Center)の実母団体として、公益社団法人薬剤師認定制度認証機構(CPC:Council on Pharmacists Credentials)の認証を受け、国立病院機構が担う19政策医療(がん、循環器病、精神、成育医療、腎、骨運動器、免疫異常、内分泌代謝性、感覚器、血液造血器、重症心身障害、筋ジス・神経、結核・呼吸器、AIDS、肝、長寿医療、災害医療、国際医療協力、国際的感染症)およびチーム医療における薬剤師業務に関する研修会を開催し、薬物療法のジェネラリスト育成に力を注ぎ、職種によらず生涯研修を実施し、認定薬剤師を輩出するとともに、薬学生教育においても積極的に取り組んでおります。